fc2ブログ

04月 « 2014年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

【連絡】ツーリングプラン:猫島の日

2014年 05月19日 22:15 (月)

どーも、いわんです。

蔵王ヒルクライム、無事に終わりました。
詳しいお話は後日に、ってことで今回は取り急ぎ別のオハナシ。

用件をざくっと。

先日、Flecheで結成したぴくるすSHIFTの活動の第二弾として、「なんかゆるいコトしようーね、楽しいだけのコト。」なんてお話になりその中で、

じゃあさあ、「猫島行かね?」

となり、ツイッター上で「猫にゃーん」とつぶやいたところ賛同者がちらほら。


猫島紹介のブログはこちら 

で、ざくっと計画しましたので、参加予定となっているメンバーは以下の2案からどちらかを選んで、どちらのプランで行きたいかをこのブログのコメ欄もしくはツイッター上でご連絡下さいな。「どっちでもいいですよ」ってのもありですけど、できればどちらかの意思表示はして頂けると助かるなあ。
あと、基本多数決で決めたいとは思いますので、希望プランとは逆になってもご了承くださいなー。

では。

基本情報を。
先日サークルメンバーのNクンが偵察に行ってくれてますので、そのナマ情報も加えて。

1 自転車移動に関して
猫島(田代島)までは、仙台原町から約51km。
ルートラボはこちら。基本45号線を行きます。



石巻周辺は震災影響でまだ道路状況が荒れているトコロも多く、ロードよりはMTB等のほうがよかろうとのこと。ロードでも25Cなんかのタイヤを履いたり、耐パンク性能の高いタイヤが必要かも。

田代島では自転車の活躍する場所は少ないです。道路がせまい、他の観光客がいる、猫がでてくる、細かいアップダウンが連続する、そもそも島が小さい。

2 フェリーについて
片道1230円、自転車はばらして輪行バックに入れれば無料、そのままだと片道470円。
田代島では発着場が南北で2か所あるけど、仁斗田というところが猫観光のメインになります。

------------------
(往 路)
①石巻発0900 ―― 仁斗田着0946
②石巻発1200 ―― 仁斗田着1304

(復 路)
①仁斗田発1412 ―― 石巻着1500
②仁斗田発1533 ―― 石巻着1646

-------------
フェリーの定期メンテナンスなんかでずれる場合もあるようです。


乗船するフェリーは上記のどれかになりますね。往路①が始発になります。
今回は往路・復路ともに①の乗船移動を追求します。

3 JRを使う場合(輪行とかね)
ご存じのとおり仙石線は途中でぶった切られたまま。復旧のめどもたたず。
運休区間はバス運行になっているので、まあカラダだけだと問題ないでしょうが、輪行の場合は迷惑になってしまいます。

で、どうするかというと、東北本線のほうを使います。こっちは仙台ー松島までは仙石線と並行して沿岸部を進みますが、その後は北上して内陸部をいくので津波被害から逃れております。途中、乗り換えが発生しますが、時間を考えると鹿島台あたりを輪行のポイントとして使うことも可能。だいたい30分に1本のペースで列車はあります。ちなみに鹿島台ー石巻は約23km。

4 田代島について
商店・コンビニなし。なので、飲み物・昼飯は石巻あたりで購入して持参する形になります。
猫にエサをあげるのも不可。キャットフードとか持ち込まなない。トイレは島に新しくできてますので大丈夫。

島は道路が狭く、自転車は逆に周囲にとって迷惑かも、とのこと。アップダウンはありますが、十分徒歩で散歩できる広さらしいです。


基本情報は以上。

では、プレゼン始めます。


1 プランA「猫島ライド」

方針:自転車で自走移動、帰りも基本自走だけど、輪行利用も視野に入れつつ。早朝の松島海岸を駆け抜けていざ猫島へ。

朝0500時、仙台某所集合出発。自転車はできればMTBやクロスなど、ある程度の荒れ地も走れるように。
移動時間をゆっくり3時間半(途中休憩および昼飯購入時間を含みます)。ロードで来て、途中パンクなんかあった場合(石巻市内では特にね)、時間的余裕が一気になくなりますので、ちょい早めに出ます。
0400時起床とかになっちゃいますね。うーん。

0900のフェリー乗船、この際、基本的に自転車はフェリー乗り場においていこうと思います。全員でワイヤーロックで固めて駐輪していきます。乗船場にそのスペースはあるとのこと。なので、最悪の場合を想定して、高いロードバイクはおすすめしません。無論、輪行なりで田代島に持っていくのはOKですが、輪行状態でない場合、別料金が発生します。また、輪行パッキングする場合はその時間も考慮してくださいね、っと。
全員、長めのワイヤーロックがあれば必ず持参してください。

田代島では自由行動。昼飯は各自が持ち込んだもので。帰りのフェリーは1412時の便に乗船します。
石巻着は1500時予定。

ここから自走で帰るか、輪行を利用するかはその場で調整します。まあ、基本自走ですね。松島以降は45号線を使うかは交通量をみて判断しましょうか。自転車は一応、ナイトライドに準じた準備をお願いします。仙台着は1900時頃ですかね。

メモ:自転車装備で特に必要なもの(ワイヤーロック、輪行準備、ライト類)。



2 プランB「猫島でビールだにゃん」

方針:すでにそこに自転車すらない。しかし、猫と海をみながら太陽の下で昼からビール!

自転車使いません(笑)。だってビール飲むから。朝0600に仙台駅のホーム集合。東北本線で移動。石巻駅周辺で弾薬(ビール)受領。昼飯購入。タクシーでフェリー乗り場まで移動。0900乗船。猫と戯れ、海をみながら気ままにビールタイム。1412乗船。石巻駅までタクシーかバスで移動。JRで仙台へ1700解散もよし、2次会もよし!

メモ:準備するもの:ビールとつまみ(現地調達)。

-------------

以上でプレゼン終了。

どっちのプランがいいかを連絡下さい。期限は22日(木)の夕方まで。
このブログのコメ欄書き込み(名前・HN忘れず)かツイッターでリプ、もしくはメールでよろー。

ではでは。




スポンサーサイト



イン青森

2014年 05月18日 22:32 (日)

はいどおも!
cosさんです
皆さんお元気してますか?
私はと言えば北の青森でチャリチャリ漕いでます

お仲間もできて先週は八甲田まで行ってきました
とはいっても
往復50kmくらいの近場です。
まー700m位は登りましたがね(^^)

では徒然に
ここひと月くらいの動向をば
hakkoudamaru

このお船は青函連絡船の八甲田丸です
青森港にぷかぷか浮いていて
今は船上レストランと化しています。
PKCN号とツーショット!

sennsya

まー春先とはいっても4月の終わりにならないと桜も咲かぬここ青森
でも、咲けば咲くで綺麗なもんです
家の近くの某公務員の職場で戦車とツーショット!

omiokuri

遠くに見えるお船は
ダイヤモンドプリンセス号です
港の近くの町なので旅客船が結構来ます
町を挙げて歓迎したり見送ったりとしているようです
見送りは「ねぶたばやし」でした。
フェデラル号のバーテープは巻き替え時だったみたいでしたので
この後巻き替えました

hirosaki

まー青森の桜と言えば
「弘前城」なわけですが
ご多聞に漏れず行きました
でも
10分いたら人ごみが嫌になり
帰りましたがね・・・・。
でも桜は綺麗です。
このお堀は、散り頃になると
桜の花びらでピンク色になるそうです。
画像は勝手に探してくださいね<(_ _)>

DSC_1317.jpg

まー港の近くでフェリーも就航しているので
函館になんかも行ったりするわけです。
で烏賊とツーショット
こいつらそのうち食われる運命にあります。
まー食いましたけどね

この時はフェデラル君のフェンダー類は分割式ではなかったので
フェンダーレス仕様で行きました
それはそれでかっこよい感じでもありますね
(現在は貧乏改造で分割式にしました)

DSC_1346.jpg


何十年かぶりに輪行などをしてみるわけでもあります。
フェリーは、「輪行すれば自転車はタダ」なのです
輪行しないのは頭が悪いのかブルジョワジーなのです。
然し、クロモリツーリング車は肩がちぎれるくらいに重い。(*'・ω・)(・ω・`*)ネー

gotoh

oden

で前述の八甲田です。
後藤伍長も凛々しく立ってます。
この日は移動先で見つけた自転車好きのご同輩と一緒に行きました。
神様はいますね~
一人じゃないって最高です。
今度は酸ヶ湯に行こうと画策しています
時間が許せば
ここから「とわいち」とかやれるんじゃあないかと思っています。

なんやかんやと
忙しい割には遊んでます。

夏のAF500目指して
くるくる行きますよ~

ではでは