FC2ブログ

03月 « 2019年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッツ!二口峠!【期間限定】

2015年 10月13日 22:00 (火)



どーも、いわんです。

自転車成分の足りない日々を送っていましたが、今シーズン終盤を前に活動再開し始め、ヒザの故障のリハビリに近場を巡って行こうかなーと考えて、2日ほど前に丸森まで行ってきました。
次は秋にしか行けない季節限定感の強いライドにしようと思いたち、宮城周辺で本当に季節限定の道路があることを思い出しました。それが二口峠。

まず、地図上で確認すると宮城県の秋保温泉の奥、秋保大滝のさらに奥の二口街道はビジターセンターから向こうは林道となり、峠を越えたのちに、県道62号線となって山形県の観光名所である山寺とつながっています。

で、その峠には「冬季閉鎖」の文字も確認できます。「冬季」ってどのくらいなんだろーということですが、例年実際に閉鎖ゲートが開放されてる期間ってのが10月初めの2週間くらい。

つまり、この地域の冬季って10月後半~翌年の9月末ってことですかね。北欧人もビックリです。
で、今年は異常気象の影響でしょうか、ゲート開放時期が約1ヶ月間あるようです。冬が2週間伸びた模様。11月アタマまでは開放されているようです。これも詳しくは調べていないんで、興味のある人は仙台市林業振興課か秋保ビジターセンターにでも尋ねたほうがいいと思います。

距離は100km程度でしたが、内容は実に濃ゆいものとなりました二口峠越え、こんな感じになりました。



続きはこちらから。

【クリックすると本編へ…】
スポンサーサイト

ネコ駅長に会えました

2015年 10月11日 18:26 (日)



 

お久しぶり、いわんです。

「半月板を抑えている膜みたいな組織があるんだけどね、それに強い炎症があるんだよ。ちゅーか、もう切れてるかもしれない(ニッコリ」

と、かかりつけのドクターに言われしばらく大人しく過ごしておりました。やっとヒザの痛みも癒えてきたので、活動再開です。 というか、ずっと日常的にサポーターを使っていたら、ヒザ周りの筋肉が落ちている感覚があって、少しぐらい動かしていかないと自転車社会に復帰できない気がしたので100km以内のライドを時々やろうと思った次第。
サイクルイベントもほぼ不参加で過ごしていたら、今年のサイクルフェスタ丸森に参加した人々から実に楽しかったという話しがTwitterで流れてきて、ワタクシのココロがちょっとづつ黒く濁っていき、このままでは別なナニかに変身してしまいそうでした。


あとですね、9月中旬に地元ニュース番組で丸森町を取り上げていて、丸森町道の駅やしまやサンで看板ネコがいるというエピソードがあって、「タケノコカレーもまだ食べてないし、阿武隈川沿いに行けば平坦路だからリハビリになるよね」って、勝手に結論付けて行ってきました。



「確か丸森までは片道50kmくらい。去年のSF丸森に参加した時、自走で行ったからあっているハズ」


「確か」「くらい」「ハズ」という信頼度をぐんぐん下げるキーワードが出てくる記憶を頼りにとりあえず出発。平坦路メインだから、巡航性を考えてホイールもややリムハイトの高いRS81-35に履き替えました。

ちょっと寝坊してしまい出発したのは0830時頃。流石に3連休の初日、かつ翌日が雨の予報となっているおかげか交通量もやや多め。天気もピーカンとはいきませんが、心地よい天気。風向きも終日、弱い南風の模様。行きは向かい風ですが帰路は追い風になってくれるハズ。

1時間ほどゆったり漕いで、金蛇水神社で休憩。初夏だと藤棚が見頃になるんですが、秋はあまり見るものがない神社。それでもチョイチョイ参拝客がやってきました。



国道4号線に入ってすぐに阿武隈川沿いに入ります。ここからはずーっと河川敷をいく道です。時々雑草がアスファルトを突き破って出ていたりして、車道ほどスピードを出すことはできませんが、クルマに対する注意をしなくていいので、ストレスがかからないご機嫌な道です。


平坦路バンザイ!と思いながら河川敷を遡上しますが、向かい風もあって、常に漕いでいなければならないので、意外と疲れます。

あとは乗り込み不足で脚力・心肺機能が低下していて、ホイール特性を活かせる速度領域まで加速できません。こうなるとただの重いだけのホイールになっちゃいます。正直、失敗。丸森に着く頃には結構疲れちゃいました。衰えてるなあ。
丸森の観光名所として斎理屋敷という場所があるのですが、思った以上に時間がかかったので今回はパス。ちゅーか、丸森まで50kmと思っていたのは間違いなかったけど、丸森「駅」まで50kmであって、ここから目的地の「やしまや」まではもうちょっと距離があった気がします。

で、さらに阿武隈川沿いを遡上。明らかにほんのちょっと登ってる感じ。川上に向かっているのだから当たり前ですね。





阿武隈川サイコー。

紅葉にはちょっと早くて山の色は緑のままでしたが、穏やかに流れる川を眺めながら、のんびり漕いでいきます。
で、黙って目的地に向かえばいいものを、百々目木滝を見に行ったり、棚田を見に行ったりして、余計な体力を使ってしまいました。

特に「棚田」って素敵なキーワードですが、あれは急斜面に無理矢理に田んぼを作るのであって、気軽に近づくと結構な急斜面を登る羽目になります(学習した。

具体的にはこんな斜度。


注:上の黄色いラインが稲のライン(水平ライン)

ーーーーーーー◯孕◯ーーーーーー




田舎の道の駅「やしまや」サン到着。早速駅長ネコの「とらお」くんが出迎えてくれ……

コイツ、動かねえぞ。



やる気ゼロ。
なんだ?このネコ。

声をかけて携帯を近づけても




ちょっと振り向くだけ。目も開けない。



店長サンの話しによると、3日に一回くらいしかいなくて、初めてきて会えたのはラッキーらしい。

もともとは野良猫で5年くらい前から居着いたのと、慣れていくうちに今では完全に野生をなくしてしまったようで、誰にでも腹を見せるし、なすがままになってしまった。

もしかしたらネコとしての本能までなくしてしまったかもしれん、ということでした。

実際、店長サンがこのポーズにしたあと、1分くらい動かず。





ネコをよそ目に名物のタケノコカレーを注文、ノンアルコールビールも美味い!




店長サンの計らいで、バルコニーで食事。あっという間に完食。
そして、ネコをまたいでお盆を返しにいきます……。



ダメだ、コイツ……。

猫またぎってこういうコトじゃないと思うんですよ。





ーーーーーーーー



帰りは 追い風・下り基調。やっと脚も慣れてきて、順調に回すことができました(おそらく風のおかげ)。
往復130kmジャストのリハビリ走。ヒザの痛みもぶり返すことなく済みました。
ではでは。


百々目木滝そばの落石。先日の大雨によるものでしょう、こわいなー。

夏がおわりました

2015年 09月22日 22:23 (火)

さて皆さん青森からCOSさんです。

世間は、シルバーウィークということもあり、ミドルなライドに息子吉(ムスコキチ)と行ってまいりました。
場所は、夏泊という青森のペニンスラ(半島)です。
ちなみにペニンスラの語源は・・・・・秘密です。

ちなみにここね↓
半島

COSさんが住んでいるのは、青森市の三内丸山遺跡のすぐ近くです。
距離をずいずいっと引いてみますと・・・
青森市~浅虫温泉~夏泊半島右周り~夜越山~浅虫温泉~青森は
100kmですね。
さて、これを息子キチ(小5)の20インチのマウンテンモドキとともに
キャンプ込み2日で行こうというのが今回の企画です。(無謀)

COSさんは、ランドナーモドキ、息子は、マウンテンモドキともどき親子が織り成す100kmの旅です

【クリックすると本編へ…】

【拡散希望】仲間のロードが盗まれました【情報求む】

2015年 06月07日 19:20 (日)

このブログを見てくださった方にお願いがあります。特に仙台近郊にお住まいの方、下記の特徴によく似たロードを見かけましたら情報を頂けたらと思います。

サークルメンバーNクンのロードが盗まれました。

場所は仙台市宮城野区苦竹付近、5月29日夜~30日朝の間で盗まれました。



白のジャイアントのアルミロードで、コンポは6800アルテ(グレー)、黒のバーテープ、サドルがセライタリアのマックスゲルフローです。


盗まれたときは、上の写真の状態からシートポストバッグとボトル、ガーミンを除いた状態でした。

車体番号 GR207349
防犯登録番号 02268989

またダウンチューブに「HOSP124」と書かれた丸い銀色のシールが貼ってあります。


安いエントリーモデルのアルミロードですが、持ち主にとっては自転車の楽しさを教えてくれた初めての自転車で、沢山の思い出がつまった機材です。


何か情報がありましたら、ブログのコメント欄もしくはTwitterアカウントの「@labor221」か「@aniki2010aniki」まで連絡を下さると助かります。

どうぞ、よろしくお願いします。


ーーーーーーーーーーーーー


さて。

盗まれた自転車はワタクシにとっても、一緒にツーリングに出かけるコトが多かったし、一緒にフレッシュやヒルクラやイベントに参加したりした思い出の多い一台です。
我がコの親友のような一台。

是非見つかって欲しい。


あと、今月のサークル合言葉は



「サーチ&デストロイ!」


自転車泥棒、許すまじ。

テメーは俺を怒らせた。


ではでは。



【BRM509宮城300】グルメとブルベ

2015年 05月11日 21:50 (月)



どーも、いわんです。

先月の200kmブルベに引き続き、ランドヌール宮城が主催する300kmブルベに参加してきました。
コースは昨年秋の200・300の連日ブルベのときと同じコースで、ブルベコースのサブタイトルにあるように「物見山」を越えるのが一つのポイントになります。
まあ、2回走った感想としては陸前高田~南三陸あたりのリアス式海岸のほうが、よっぽどアレなんですけどね。

前回のブルベで「コンビニ以外で飯を食う」コトを覚えたわけですが、今回は「ブルベ中に如何に余裕を持って飯を食うか」という主題を抱えて参加して参りました。


続きは以下に。

【クリックすると本編へ…】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。